『優秀個人表彰』スポーツ健康科学部 田中希実さんに授与

12月21日(月) 同志社大学 京田辺キャンパスにて、陸上 田中 希実さん(スポーツ健康科学部3年生、豊田自動織機TC所属)に対し、大日支部長、山下理事長より「同志社校友会京都支部 優秀個人表彰」の授与を行いました。
田中さんは、日本新記録を樹立するなど顕著な記録を残し、女子5000mの東京オリンピック代表に内定されましたので、その栄誉を称え表彰するものです。
2020年には下記のような各種種目に出場され、優勝されました。

  •  7月8日 ホクレン・ディスタンスチャレンジ 女子3000メートル 優勝(日本新)
  •  8月23日 セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京 女子1500メートル 優勝(日本新)
  •  10月3日 日本選手権 女子1500メートル 優勝
  •  12月4日 日本選手権 女子5000メートル 優勝

東京オリンピックの代表選考を兼ね、12月4日 ヤンマースタジアム長居で開催された日本選手権 女子5000メートルでは、同年代である廣中瑠梨佳選手とのライバル対決に注目が集まりました。中盤で廣中選手が抜け出して先頭に出たものの、ぴったりとついて背後を追い、残り200メートル付近で田中選手がラストスパートして初めてトップに立つと、そのまま廣中選手を振り切って15分5秒65の好タイムで優勝。見事、東京オリンピック 陸上女子5000m代表に内定されました。

田中さんのお母様は、北海道マラソン2度の優勝経験を持つ方で、3歳のころからお母様の高地トレーニングに連れられていたという田中さん。お父様と二人三脚の練習を積み重ね、同志社大学のトラック等での練習に加えて、御嶽山での高地トレーニングなどで鍛錬をされていたそうです。
練習や競技の合間に大学のオンライン授業を受講するなど、限られた時間を有効に使い、コロナ禍をもろともせずプラスに転じていく姿は、まさに学生アスリートの理想そのものです。

今後も世界と戦う田中さんを応援していきたいと思います。

 

 

大日支部長より賞・記念品授与

 

 

山下理事長より花束授与

 

 

(左より)山下理事長、大日支部長、田中希実選手、同志社大学 下楠昌哉学生支援機構長